格安SIMの本当のデメリットを丁寧に解説します【プロがやさしく説明】

スマホ初めちゃん
格安SIMって安いだけじゃない?
実はデメリットを隠してる?
格安SIMの本当のデメリット教えて!

こんな疑問やお悩みはありませんか?

実は格安SIMのデメリットに全く気付かないまま契約し、「こんなはずじゃなかった」と後悔する方が沢山います。

なぜなら格安SIMは料金の安さばかりを強調しているため、裏側にあるデメリットがわかりづらくなっているからです。

たけ
こんにちは”たけ”と申します。

私は個人事業主として600台の中古スマホを販売し、またスマホ検定資格を生かしながら80組のスマホ料金削減をアドバイスしてきました。

つまり料金とスマホ端末、両方に精通しています。

この記事では「格安SIMの本当のデメリットを丁寧に解説します。

この記事を読めば、格安SIMのデメリットが全てわかるので、他の記事を読む必要がなくなります。

結論はこの記事で「デメリットが少なく本当に使える格安SIM」が分かります。

乗り換え先として非常に有望です。

では解説します。

 

格安SIMの本当のデメリットは5個

格安SIMの真のデメリットは以下の5点です。

  1. 実は手数料が結構高い
  2. 通信速度が遅い、あるいは不安定
  3. 店舗サポートがない
  4. データ大容量プランが高い
  5. データSIMは緊急通報が使えない

 

今回は本当のデメリットを紹介します。

ですので代替手段がある「キャリアメールがない」等は省きます。

では順番にご説明していきます。

 

実は手数料が結構高い

大きなデメリットとして手数料の高さ、があります

月額料金ばかりを気にすると見逃しがちです。

実際に一覧で確認してみましょう。

(価格は税込みです)

キャリア 契約手数料
(初期費用+SIM手配料金)
OCN モバイル ONE 3,300円+433円
BIGLOBEモバイル 3,300円+433円
IIJmio 3,300円+433円
イオンモバイル 3,300円
mineo 3,300円+440円
UQ mobile 3,300円
LINEMO 0円
楽天モバイル 0円

 

いかがでしょうか?

3,700円の手数料と言えば、格安SIMで4か月分です

使う前から結構費用がかかります

スマホ初めちゃん
せっかく格安SIMにするのに、いきなり4,000円近く払うのは嫌ですね。楽天とLINEMOは無料なので、そっちに魅力を感じますね。

たけ
個人的にも使う前から手数料を払う、という方式自体に疑問を感じます。もし通信速度に不満があって辞める場合、4,000円が全て無駄金ですからね。

 

契約手数料のかかる会社は違う手数料も取ります。

SIMカードの再発行手数料等です。

実はこれも4,000円近くかかります。

スマホ初めちゃん
SIMカードのサイズ間違いや紛失での再発行でも、毎回お金がかかるってことでしょうか?

たけ
そうなりますね。まあOCNやBIGLOBEは店舗で契約できるメリットもあるので、結局は契約する方が何を優先するかですが…私は手数料反対派です。

 

本当に何もかも0円は楽天モバイル LINEMO ですね。

 

通信速度が遅い、あるいは不安定

格安SIMによっては非常に速度が遅い会社もあります。

あくまである時点、ある場所での速度ですが、以下を見てください。

まずLIBMO の速度測定結果です。

(参考:格安SIMの通信速度計測)

残念ながらLIBMO は昼時の1時間近くほぼ止まってます

あと夜18~20時もかなり速度が遅くなっています。

次にイオンモバイルの速度測定結果です。

(参考:格安SIMの通信速度計測)

残念ながらイオンモバイルも昼時の1時間半ほぼ止まってます

非常に回線品質が悪く、電子決済、ネット、動画全てが極度に遅いです

スマホ初めちゃん
う~ん、このデータを見せられたらあえて選ぶことはできないですね。昼休みと夕方はネットを諦めろ!ってことですもんね。

たけ
そうなりますね。速度の測定場所によっても多少変わることがありますが、少なくとも都市圏では上記の速度はほぼ正しいと思ってください。。

 

全てではないですが、遅い格安SIMは結構多いです。

LINEMO UQ mobile は昼と夕方に速度低下がありませんが、珍しいかもしれません。

速度含めLINEMOと各社の性能評価を下記でしています

必読LINEMOと主要格安SIM7社をプロが徹底比較【34項目に及ぶガチ比較】

 

店舗サポートが無い

店舗サポートがないのも格安SIMのデメリットです

申し込みは店舗でできてもサポートは無い場合が多いです。

一覧にするとこんな感じです。

キャリア 店舗申し込み 店舗サポート
OCN モバイル ONE ×
BIGLOBEモバイル ×
IIJmio ×
イオンモバイル
mineo ×
UQ mobile
LINEMO × ×
楽天モバイル

 

店舗サポートがある格安SIMは

になりますね。

その他大勢の格安SIMもほぼ店舗サポートはないです。

スマホ初めちゃん
じゃあ店舗サポートを希望の方は上記3社で選べば良いのですか?

たけ
実際にはちゃんと回線の品質や3GBデータ容量の安さなどを見てから決めないと後悔することになります。上記3社で回線品質が良いのはUQ mobileだけですから

 

なかなか一筋縄では決められないですね。

格安SIMを選ぶときの最重要3条件を知りたいなら下記をご一読!

理由解説【プロ厳選】格安SIMを選ぶときの最重要な3つの基準【完全保存版】

 

データ大容量プランが安くない

格安SIMは大容量のプランが安くないです

最も得意な領域はデータ量1GB~15GBくらいなんです。

例えば料金の実例をあげると

(価格は税込みです)

キャリア 月額料金
BIGLOBEモバイル <SMSプラン>
12G:3,102円
20G:5,082円
30G:7,557円
UQ mobile 15GB:2,728円
25GB:3,828円
Y!mobile 15GB:3,278円
25GB:4,158円

 

私が一番オススメしているLINEMOでは

  • 3GB:990円
  • 20GB:2,728円

ですので、上記の一覧の価格は少し高く感じます。

スマホ初めちゃん
UQ mobileやY!mobileはもっと安いイメージでしたけど・・・

たけ
自宅のでんきや光回線を「キャリア指定」にできれば安くなります。なので最初から安い訳じゃないんですよ。生粋の安い回線はLINEMOですね。

 

データ量が20GB越えならモバイルルーターの方が得です。

友人も使ってるギガWi-Fiなんて100GBで2,695円の激安です。

スマホ初めちゃん
す・すごすぎますね!スマホ料金よりケタ違いに安いです。

たけ
ギガWi-FiはCMもやってる有名企業で大手3キャリアの電波を使ってるので、通信品質も良いし安心です。友人はLINEMO:3GB+ギガWi-Fiでデータ使いまくりです。

 

参考にギガWi-Fiさんは下記で申し込みできますよ。

参考ギガWi-Fi 公式ページ

 

データSIMは緊急通報が使えない

格安SIMでも音声通話SIMなら緊急通報を使えます。

ですがデータ回線では緊急通報が使えません。

料金の安さを優先しデータ回線&LINE通話の方もいますが。

スマホ初めちゃん
最近は自然災害も増えてきたので、さすがに災害伝言ダイヤルや緊急通報が無いのは不安を感じます。

たけ
私も緊急時に連絡が取れないことが一番心配です。東日本大震災の時は、都内の職場に留まりましたが、家族に連絡だけは取れたので安堵しました。

 

私はメイン回線がLINEMO、サブが楽天です。

いずれも音声通話ありのSIM契約です。

「緊急時の対応が必須」だから2個とも音声契約です。

スマホ初めちゃん
私も一時期、安いからデータ回線だけの運用も考えました。でも緊急通報できないので、それは止めました。

1人暮らしの方も、最低1台は音声SIMをお勧めします。

緊急時に情報が入らない、連絡すらできないのは危険です。

 

オススメしたい格安SIM

本日は格安SIMのデメリットを述べてきました。

そのデメリットがない、もしくは少ない格安SIMなら理想的です。

そこで、私が知る最善の格安SIMをご紹介します。

 

メイン回線なら

サブ回線なら

がオススメになります。

 

では理由も含めて詳しく解説します。

 

メイン回線は「LINEMOかUQ mobile」がオススメ

私は理想的な格安SIMを選ぶときの重要3条件を定めています。

それは

  1. 圧倒的に回線品質が良いこと
  2. データ容量3GB以下が安いこと
  3. 運営会社の実績・安定度が良いこと

    です。

     

    回線は大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)回線を直接使う高品質回線がベストです。

    さらに3GB以下の料金が重要なのは、全ユーザーの6割が3GB以下だからです。

    更に運営会社の安定度がないと継続性に不安が出るからです。

    スマホ初めちゃん
    なるほど!上記3条件が揃っていたら、大手キャリアとほぼ変わらない使い勝手になりそうで安心ですよね。

    たけ
    その高度な条件をクリアしているのがLINEMOとUQ mobileなんです。実は私のメイン回線はこの2回線なんです。

     

    LINEMOはソフトバンク回線を直接使うMNO回線です。

    一方、UQ mobileはau回線を直接使うMNO回線です。

    両社とも大手キャリアの回線をそのまま使ってます。

    実際に通信速度を見てみると

    (参考:格安SIMの通信速度計測)

    両者とも非常に速度が早く高いレベルです。

     

    あと料金に関しては以下のようになっています。

    プラン 3GB以下の月額料金
    LINEMO 990円
    UQ mobile 1,628円
    (自宅セット割適用で990円)

    つまり自宅セット割が使えれば両社とも990円/月です。

    我が家はauでんきで自宅セット割を適用してます。

     

    いかがでしょうか?

    はっきり言ってLINEMO UQ mobile は大手同等性能です。

    なのに料金が激安のメリットがあります。

    スマホ初めちゃん
    2プランとも本当にすごいですね!私はLINEMOへの乗り換えを考えてますが、その選択で間違ってなかったってことですね?

    たけ
    はい、大正解です。私はいまの格安SIMでメイン回線として勧めるのは本当にこの2プランだけです。

     

    いま格安SIMへのお乗り換えをご検討中の方へ。

    メイン回線の選択の失敗は取り返しがつきません!

    ぜひ手堅く、しかも安くて質の良い回線を選んで下さいね。

    それぞれの申し込みサイトは以下です。

     

     

    サブ回線は「楽天モバイルかIIJmio」がオススメ

    メイン回線はLINEMO UQ mobile で決まり。

    サブ回線は、メイン回線を補佐する役割です。

    今回楽天モバイルとIIJmioをあげていますが、その理由は以下です。

    1. 楽天モバイルは通話料金0円で使える
    2. IIJmioはeSIMデータ回線が爆安で使える

    ということです。

    スマホ初めちゃん
    楽天の通話料金0円ってどういうことですか?本当にかけ放題が無料の0円で使えるんですか?あとIIJmioの安さもどのくらいか知りたいです。

    たけ
    楽天は本当にかけ放題0円ですよ。そしてIIJmioの料金ですがデータ2GBが440円であり得ないくらい爆安です(^^)。当然、両方私は使ってます。

     

    楽天はRakuten Linkというアプリを使っての通話が0円なんです。

    楽天で通話0円運用の詳細は以下の記事をご覧ください。

    必見【契約費&維持費0円】楽天モバイルは優秀な通話料金0円回線になります

    スマホ初めちゃん
    IIJmioでデータ回線が安いのはわかりましたが、どんな需要があります?

    たけ
    外でテザリングして作業したい方や、単純に使えるデータを増やしたい方、またプライベートとビジネス用回線を分けたい方など非常に需要は多岐に渡ります。

     

    私も外でノートパソコンでブログ執筆を良くします。

    その時はIIJmioのデータ回線が大活躍してますよ。

    データ回線の活用法やIIJmioのメリットは以下の記事をご参考に。

    必見音声通話SIMとデータ通信SIMの違いを詳しく解説します【サブ回線】

    「格安SIMの本当のデメリットを丁寧に解説します」のまとめ

    結論として、本当のデメリットは

    1. 実は手数料が結構高い
    2. 通信速度が遅い、あるいは不安定
    3. 店舗サポートがない
    4. データ大容量プランが高い
    5. データSIMは緊急通報が使えない

    の5点です。

     

    私がオススメする格安SIMは

    メイン回線なら

    サブ回線なら

    になります。

      本日は格安SIMのデメリットをまとめました。

      もしわかりにくい点があればいつでも気軽に質問してください!

      たけへの質問はこちらから

      たけ
      では最後に格安SIMのメリットやLINEMOにも興味を持たれましたら、ぜひ下記の記事を参考にしてください。
      おすすめの記事