LINEMOのテザリング性能(通信速度)を実測調査【PC&スマホで計測】

MNP乗り換え

リーマンパパ
LINEMOもテザリングできるの?
実際どのくらい速度が出るの?
PC接続だと遅いんじゃない?

こんな疑問やお悩みはありませんか?

実はLINEMOのテザリング速度は高速で業務レベルでも使えるほど快適ですが、ご存じない方が多いです。

なぜなら「格安SIMのテザリングはどこも遅い!」という先入観から、実際に試さない方が多いからです。

 

たけ
こんにちは”たけ”と申します。

私は個人事業主として600台の中古スマホを販売し、またスマホ検定資格を生かしながら80組のスマホ料金削減をアドバイスしてきました。

つまり料金とスマホ端末、両方に精通しています。

この記事では「LINEMOのテザリング性能(通信速度)」について丁寧に解説いたします。

この記事を読むと、LINEMOのテザリングの仕方や性能が全てわかるので、他の記事を読む必要がなくなります。

結論はこの記事で「LINEMOのテザリング性能の高さと便利さ」がわかります。

では解説します。

\乗り換えでPayPay10,000円もらえる/
 

テザリング性能評価( 通信速度の実測)

今回はiPhone7にLINEMO SIMを設定しテザリングします。

イメージは以下のようになります。

①はパソコンからiPhone7に接続、②はスマホからiPhone7に接続する場合です。

それぞれの場合にどのくらいの速度が出ているか評価します。

 

では以下の手順でご説明します。

  • テザリング前のiPhone設定
  • パソコン接続時のテザリング速度
  • スマホ接続時のテザリング速度

 

実は無防備な状態でのテザリングは大変危険です!

iPhoneなら必ず設定すべき項目があるので順にご説明します。

テザリング前のiPhone設定

iPhoneでテザリング前にすべきことは

  • 端末名(スマホ名)の変更
  • テザリング接続時のパスワード設定

の2点です。

端末名(スマホ名)の変更

特に端末名(スマホ名)の変更を忘れると、自分の名前が拡散されるので要注意です。

では具体的に設定方法をみていきます。

「設定」⇒「一般」⇒「情報」⇒「名前」で端末名が分かります。

実は、初期の端末名は「〇〇〇のiPhone」と実名が入っています。

この状態でテザリング用電波を飛ばすと、実名が拡散されます。

リーマンパパ
超怖いんですけど・・・知らなかったです!どうしたら良いですか?

たけ
簡単ですよ。上記の「名前」をタップすると端末名が変えられるのでiPhone7等、電波発信時に不特定多数に見られても問題ない名前に変更してください。

 

こんな感じにしておけば無難でOKです。

テザリング接続時のパスワード変更

「設定」⇒「インターネット共有」⇒「”Wi-Fi”のパスワード」を見ます。

このパスワードが、外部からテザリング接続時に必要なパスワードです。

初期設定では”複雑で手打ちできない文字の羅列”になっています。

ある程度短くてセキュリティの高い文字列に変更を勧めます。

リーマンパパ
OKです!ここまで設定できました!

たけ
了解です。ではいよいよ私の環境で測定したテザリング速度データを公開しますね。次の項目からご説明します。

パソコン接続時のテザリング速度は35.8Mbps

iPhone7の「設定」⇒「インターネット共有」⇒「ほかの人の接続を許可」を設定。

これでiPhone7からテザリング用のWi-Fi電波が発信されます

そのWi-Fi電波に下記のPC(NEC Versa Pro)を接続しました。

なかなかの年季物ですがSSDに換装して超元気になりました(^^)

スピード測定はスマホと同じアプリで行いました。

具体的にはChrome拡張のSpeedtest by Ooklaです。

測定結果は以下になります。

回数ダウンロードアップロード
1回目47.85Mbps23.58Mbps
2回目39.84Mbps25.63Mbps
3回目16.89Mbps13.02Mbps
4回目31.88Mbps18.05Mbps
5回目42.36Mbps0.46Mbps
平均35.8Mbps16.1Mbps

もっとも重要なダウンロード性能で35.8Mbpsと高い性能でした。

 

実際の速度測定画面は以下のような感じです(広告がでます)。

そして5回測定結果の履歴が以下になります。

非常に高速で高いスコアがでました。

格安SIMでは5Mbps以上でれば合格ですので十分すぎる性能です。

スマホ接続時のテザリング速度は32.8Mbps

iPhone7の「設定」⇒「インターネット共有」⇒「ほかの人の接続を許可」を設定。

これでiPhone7からテザリング用のWi-Fi電波が発信されます

そのWi-Fi電波に下記のスマホ(AQUOS SENSE4)を接続しました。

現在の私のメイン端末になります。

スピード測定はSpeedtestというアプリでPCと合わせています。

測定結果は以下になります。

回数ダウンロードアップロード
1回目36.9Mbps25.4Mbps
2回目34.9Mbps26.6Mbps
3回目35.2Mbps23.8Mbps
4回目36.0Mbps10.6Mbps
5回目21.0Mbps21.8Mbps
平均32.8Mbps21.6Mbps

もっとも重要なダウンロード性能で32.8Mbpsと高い性能でした。

5回測定結果の履歴が以下になります。

非常に高速で高いスコアがでました。

格安SIMでは5Mbps以上でれば合格ですので十分すぎる性能です。

\ミニプランは8カ月実質無料/

LINEMOテザリングに関するQ&A

LINEMOは無料で高速テザリングができます。

とは言え色々な疑問があるかと思います。

では重要な以下のポイントをご説明します。

  1. 全プランでテザリングが使える
  2. テザリング料金は無料
  3. テザリング速度は遅くない
  4. テザリングの容量制限はプランによる
  5. LINEギガフリーで使える
  6. 遅い原因はエリアスマホ
  7. テザリングできない原因はこれだ!

ではひとつづつ解説します。

全プランでテザリングが使える

LINEMOでは2つの料金プランがあります。

両方のプランでテザリングが使えます。

(料金は税込みです)

ミニプランスマホプラン
データ量3GB20GB
料金990円/月2,728円/月
テザリング可能(無料)可能(無料)

これは嬉しいですね。

リーマンパパ
良かったです。家族でスマホプランとミニプランに分かれそうでしたが、どっちでも使えるんですね。

たけ
はい、両プランで使えて全く性能差はないですよ。私は両プラン契約してるので、両方検証済です。

あと良くいただく質問で

「PCとスマホでテザリング性能違うの?」

という質問があります。

今回は両方でテザリング速度を計測してます

テザリング料金は無料

テザリング料金は無料です。

4G(LTE)でも5Gになっても無料です。

キャリアによってはオプション料金取られるので嬉しいです。

たけ
0円は正義、ですよね(笑)

テザリング速度は遅くない!

LINEMOのテザリングは速いです!

客観的な速度データが一番説得力あるかと思います。

以下が私が計測した結果を載せますね(記事後半に詳細)

測定時期デバイスダウンロードアップロード
2022年5月4日パソコン35.8Mbps16.1Mbps
スマホ32.8Mbps21.6Mbps
2022年8月10日スマホ29.7Mbps15.5Mbps
2022年9月11日スマホ33.1Mbps15.0Mbps

通信速度=ダウンロード速度が約30Mbpsで爆速です!

さすがMNOのソフトバンク回線(^^)

テザリングの容量制限はプランによる

テザリングは無制限には使えません。

プランごとに使える容量の上限があります。

ミニプランスマホプラン
データ量3GB20GB
料金(税込み)990円/月2,728円/月
容量超過後の制限速度300kbps1Mbps

ミニプランなら容量上限3GBまで、スマホプランなら容量上限20GBまでです。

これはテザリング未使用時と合わせた全容量です。

ちなみに容量超過してもミニプランなら300kbps、スマホプランなら1Mbpsの速度で安心です。

これって結構速いですよ。

LINEギガフリーで使える

テザリング中もLINEはギガフリーで使えます。

LINEアプリのトーク、音声通話・ビデオ電話のデータ消費もゼロです。

LINEMOで通信している限りLINEギガフリーですよ。

リーマンパパ
良かったです。LINEギガフリー目当てでLINEMOに乗り換えるので急にお金かかったらヤバかったです。

たけ
LINEギガフリーが一番の目玉なので、テザリング中も無料で本当に安心です。

とは言えLINEの全機能がタダではありません。

公式サイトで無料の範囲を確認してね。

参考LINEギガーフリーの適用範囲

テザリングが遅い原因はエリアかスマホ

LINEMOのテザリングが遅いならこの2つが原因。

つまり「通信エリア」か「スマホ」

LINEMOはソフトバンクの電波を使います。

大手の電波と言えど100%カバーはできませんし、極端に弱くなる地域があります。

リーマンパパ
大手はどこでも繋がるんじゃないですか?知らなかった・・・

たけ
人口カバー率98%とか言いますよね。その場合2%は電波が入らないんです。また建物の奥深い場所だと稀に電波が入りにくい場合も。

 

エリアはこちらで確認を(LINEMOエリア)。

またスマホが原因で遅い場合もあります。

スマホのBandが1,3,8に対応してないと「そもそもLINEMO電波をちゃんと掴めません」。

Bandとは電波の種類で下記記事で解説してます。

未対応のSIMフリーはダメですよ!

参考LINEMOで使えるスマホ端末の購入方法【機種変更もこの手順で完璧!】

テザリングができない原因はこれだ!

どうしてもテザリングができない場合があります。

でも原因は単純なことが多いのです。

ここでは代表的な原因をあげてみます。

接続側がスマホのセキュリティ規格に未対応

例えばテザリングでパソコンを接続する場合。

スマホからのテザリング電波はWPA,WPA2の暗号化規格を持っています。

パソコンにその規格が無い場合、テザリングでつなげません。

リーマンパパ
えっどういうことですか?

たけ
接続側がWPA2等に対応してないと、テザリング電波自体を掴めないんです。つまりつなげない。

 

スマホのセキュリティ規格は確認しましょう。

Bluetooth接続(ペアリング)に失敗している

Wi-FiでなくBluetoothでテザリングも可能です。

ですがペアリングに失敗すると繋がりません。

ペアリングとは接続デバイスを認識すること。

たけ
実は結構ペアリング失敗あります。私はワイヤレスイヤホンがペアリング失敗し、音楽再生したらスマホ本体で音が鳴って驚いたり(^^;

 

スマホとデバイスがペアリングできているか要チェックです。

テザリング接続上限数になっている

接続上限数に到達したらもう繋がりません。

例えばiPhoneは接続5台までです。

うっかり上限まで到達したら繋がりませんね。

以外に盲点なので一度確認してみましょう。

接続パスワード間違い

実はこれが一番多い原因だと思います。

「あれつながらない!」

でも接続パスワードを見たら「i(アイ)」じゃなく「l(エル)」だったとか・・・

リーマンパパ
あっこれ私良くやっちゃいます、恥ずかしいですけど(^^;

たけ
安心してください、私も同類です(笑)。テザリングつながらなくてスマホ側の接続パスワード変えようと思ったら、実はパスワードに変なスペース入ってたとか(^^;

 

この手の間違いはヒューマンエラーの場合が多いです。

まずはパスワード再確認ですね。

\ミニプランは8カ月実質無料/

【2022年8月測定】テザリング速度は29.7Mbpsを維持

本記事を執筆した当初は2022年5月でした。

では3カ月経過した今も速いのでしょうか?

そこで2022年8月10日にテザリング速度を再度測定しました!

以前と同様に、iPhone7にLINEMO SIMを挿入します。

iPhone7の「設定」⇒「インターネット共有」⇒「ほかの人の接続を許可」を設定。

これでiPhone7からテザリング用のWi-Fi電波が発信されます

そのWi-Fi電波に下記のスマホ(AQUOS SENSE4)を接続しました。

現在の私のメイン端末になります。

スピード測定は前回と同じSpeedtestというアプリで測定。

測定結果は以下になります。

回数ダウンロードアップロード
1回目26.8Mbps16.5Mbps
2回目29.8Mbps11.0Mbps
3回目32.4Mbps8.97Mbps
4回目29.0Mbps15.9Mbps
5回目30.7Mbps25.0Mbps
平均29.7Mbps15.5Mbps

重要なダウンロード性能は29.7Mbpsで相変わらず速いです

速度測定画面&5回の測定履歴は以下です。

非常に高速で高いスコアがでました。

動画でもゲームでも無敵の速度ですね。

3カ月後も、安定して速いテザリング速度でした(^^)。

\ミニプランは8カ月実質無料/

【2022年9月測定】テザリング速度は33.1Mbpsを維持

2022年9月も継続して速度測定をしました。

以前と同様に、iPhone7にLINEMO SIMを挿入します。

iPhone7の「設定」⇒「インターネット共有」⇒「ほかの人の接続を許可」を設定。

これでiPhone7からテザリング用のWi-Fi電波が発信されます

そのWi-Fi電波に下記のスマホ(AQUOS SENSE4)を接続しました。

現在の私のメイン端末になります。

スピード測定は前回と同じSpeedtestというアプリで測定。

測定結果は以下になります。

回数ダウンロードアップロード
1回目34.7Mbps16.7Mbps
2回目31.8Mbps8.16Mbps
3回目35.5Mbps12.9Mbps
4回目31.3Mbps17.7Mbps
5回目32.3Mbps19.5Mbps
平均33.1Mbps15.0Mbps

重要なダウンロード性能は33.1Mbpsで今月も爆速で速いです

速度測定画面&5回の測定履歴は以下です。

非常に高速で高いスコアです。

抜群に早くて安定したテザリング速度です(^^)。

\乗り換えでPayPay10,000円もらえる/
 

【2022年10月測定】テザリング速度は30.0Mbpsを維持

2022年10月も継続して速度測定をしました。

以前と同様に、iPhone7にLINEMO SIMを挿入します。

iPhone7の「設定」⇒「インターネット共有」⇒「ほかの人の接続を許可」を設定。

これでiPhone7からテザリング用のWi-Fi電波が発信されます

そのWi-Fi電波に下記のスマホ(AQUOS SENSE4)を接続しました。

現在の私のメイン端末になります。

スピード測定は前回と同じSpeedtestというアプリで測定。

測定結果は以下になります。

回数ダウンロードアップロード
1回目27.5Mbps15.4Mbps
2回目32.2Mbps16.1Mbps
3回目31.7Mbps19.6Mbps
4回目36.7Mbps18.4Mbps
5回目21.7Mbps16.3Mbps
平均30.0Mbps20.1Mbps

重要なダウンロード性能は30.0Mbpsで今月も爆速で速いです

速度測定画面&5回の測定履歴は以下です。

非常に高速で高いスコアです。

抜群に早くて安定したテザリング速度です(^^)。

\乗り換えでPayPay10,000円もらえる/
 

「LINEMOのテザリング性能(通信速度)をガチ調査」のまとめ

今回の記事のまとめは以下になります。

LINEMOテザリング速度調査の要点まとめ
1.LINEMOテザリングの疑問を最初に解決
 - 全プランでテザリングが使える
 - テザリング料金は無料
 - テザリング速度は遅くない!
 - テザリングの容量制限はプランによる
 - LINEギガフリーで使える
2.テザリング性能評価(速度結果)
 - パソコン接続時のテザリング速度は35.8Mbps
 - スマホ接続時のテザリング速度は32.8Mbps
3.2022年8月テザリング速度は29.7Mbps
4.2022年9月テザリング速度は33.1Mbps
.2022年9月テザリング速度は30.0Mbps

LINEMOのテザリング性能は非常に高いです。

パソコンでもスマホでも接続時に30Mbps以上です。

8月から毎月計測した速度もほぼ30Mbpsと爆速です!

本日の記事でわかりにくい点があればいつでも質問をどうぞ!

 

 

たけ
メイン回線をLINEMOに乗り換えるなら、以下の記事が参考になりますよ!

[getpost id=”3584″ title=”超オススメ” target=”_blank”][getpost id=”3153″ title=”超オススメ” target=”_blank”][getpost id=”2783″ title=”超オススメ” target=”_blank”]

\乗り換えでPayPay10,000円もらえる/
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました