スマホ端末の破損を防ぐにはどうすれば良い?【破損時の備えも指南】

OLちゃん
やばいスマホ落としちゃった!
液晶割れて・・・修理3万!?
あ~どうやったら防げるの?

こんな疑問やお悩みはありませんか?

実はふとしたタイミングで落としたり、子供が投げたり、重い荷物が落ちてきてスマホが壊れた経験を持つ方は多いです。

不注意が主な原因ですが、そもそもスマホに万全な破損対策ができていなかったのも壊れた一因だと考えられます。

たけ
こんにちは”たけ”と申します。

私は個人事業主として600台の中古スマホを販売し、またスマホ検定資格を生かしながら80組のスマホ料金削減をアドバイスしてきました。

つまり料金とスマホ端末、両方に精通しています。

この記事では「スマホの破損を防ぐ方法について丁寧に解説いたします。

この記事を読むだけで、スマホ破損に備える方法が全てわかるので、他の記事を読む必要がなくなります。

結論はこの記事で「万全の保護とスマホ保険への加入」の重要度がわかります。

では解説します。

\乗り換えでPayPay10,000円もらえる/
 

最近のスマホ端末は超高額で破損は命取り

最近のスマホは高額です。

別記事でも紹介しましたが人気機種だと超高額です。

(下記は税込み、2022年5月時点)

機種価格(赤字は10万以上)
iPhone13 Pro Max(256GB)146,800円
iPhone 13(256GB)110,800円
iPhone 12(256GB)111,980円
iPhone 11(256GB)88,880
Google Pixel 6(256GB)91,500円
Xperia 5 III SIMフリー114,400円

OLちゃん
本当に高い!もはや10万円オーバーは普通ですよね?

たけ
本当ですね。こんなに高いスマホをせっかく買ったのに壊してしまったら・・・考えただけで恐ろしくなります。

 

スマホは生活必需品ですから、壊れたら修理は必須です。

今の時代、丸一日でもスマホが無かったら絶望ですよね?

スマホは電子決済、SNS、検索ツール、ビジネスツールと様々な使い方ができる神ツールです。

こんな破損を防ぐにはどうすべきでしょうか?

OLちゃん
う~ん、と言っても自分でできることなんてあまりない気がしますけど。良い方法があるんですか?

たけ
定番ですが、質の良い保護具をつけることです。あとはスマホ端末はあくまで”いまだけの仮の端末”と考えて丁寧に使うことです。次で詳しく解説します。
\ミニプランは8カ月実質無料/

スマホ端末は最初から売るつもりで丁寧に扱う

スマホの破損を防ぐためにこれが一番大事な考え方です。

つまり、スマホは手に入れた瞬間から売り物として丁寧に扱います。

1年や2年使えば、結局最後はスマホを売却します。

であれば最初から大切な商品として扱えば自然と破損は減ります。

OLちゃん
言われてみれば当たり前かもしれないですね。ついつい”私物”だと思うと乱暴な使い方になっちゃいますし。

たけ
私は新端末を購入しても1年で売るので、細心の注意でスマホを使います。1年の理由は「端末の価値が高いうちに売却する」ことを心がけているからです。

 

じゃあ丁寧に扱うって具体的に何をするの?という疑問がでますよね。

ずばりその答えは

スマホを丁寧に扱う方法

1.耐衝撃性の保護フィルムを付ける
2.保護ケースはハード製品を付ける
3.破損にそなえてモバイル保険に入る

の3つになります。

\ミニプランは8カ月実質無料/

保護フィルムは耐衝撃性の高いガラスフィルムがオススメ

保護フィルムは耐衝撃性の高いシートを付けます。

具体的には硬度の高いガラスフィルムがオススメです。

ガラスフィルムにする理由は以下です。

  1. 耐衝撃性が高い
  2. 破損時にフィルムが壊れても液晶を守る
  3. 気泡が入らず貼りやすい
  4. 視認性、タッチ精度が高い

です。

ひとことで言えば良いことしかないからです(^^)。

OLちゃん
ビニールみたいなやわらかいフィルムの保護フィルムはダメなんですか?

たけ
シリコンやポリエチレン製ですね?耐衝撃性が低いのでオススメしません。具体的には強い衝撃があると液晶が割れるからです。

 

スマホ販売の事業者としてひとつアドバイスします。

実はスマホの売価は「液晶の綺麗さ」でほぼ決まります。

つまり液晶画面がキズ・スレ・割れが全く無く、汚れもないと高値がつきやすいです。

逆にスマホの裏面は多少汚れていても「液晶画面の綺麗さ」の方が100倍重要です。

OLちゃん
さすが600台スマホ販売してる方の言葉は納得感が半端ないですね(^^;。明日さっそくガラスフィルム付けます!

たけ
中古品を買う方も「見た目重視」であることは変わりません。綺麗でキズなしのスマホが最強に高く売れます。

 

でもどんなフィルムにすれば良いか迷いますよね?

では年始に私がAmazonで購入したフィルムを紹介します。

以下はAmazonの注文履歴です。

AQUOS SENSE4用のガラスフィルムで一流の旭硝子製、強化ガラスで高硬度、高透過率で最高です。

保護ケースはハードケースがオススメ

スマホ裏面に付ける保護ケースはハードケースが良いです。

最強は手帳型ですが、価格が高いですよね。

硬くて頑丈で安いハードケースがオススメです。

ハードケースにする理由は以下です。

  1. 耐衝撃性が高い
  2. 破損時にケースが壊れても裏面を守る

です。

ガラスフィルムとほぼ同じ理由です。

つまり万が一落として破損しても、破損は外側だけで中身を守れるのです。

シリコンやポリエチレン製のペラペラケースが最悪です。

全く耐衝撃性がありません。

OLちゃん
私はケースは手帳型なので、全く裏面にキズや破損はないですよ!

たけ
すばらしいですね!みなさんスマホを売却する時になって初めて後悔するので、最初からベストな形にしておけば楽ですし、高く売れます。

 

保護ケースはプラスティック製でAmazonでも300円程度であります。

消耗品としてキズついたらすぐ替えるくらいで良いですよ。

\ミニプランは8カ月実質無料/

スマホ故障時の補償サービスに加入する

さきほどもお伝えしましたが、最近のスマホは超高額です。

破損してもすぐに買い替えするのは難しいです。

フィルムやケースの装着と同時に万が一に備え保険加入を勧めます。

OLちゃん
えっでもスマホの補償サービスって、ドコモとかの大手キャリアしか入れないんじゃないですか?しかもスマホ購入時に入らないと後から入れないんですよね?

たけ
おお詳しいですね!普通はそうです。でも格安SIMでも使えるメジャーな補償サービスとしてスマホの保険証 モバイル保険 の2つがあります。

 

2つとも非常に有名な保険ですが、以下の特徴があります。

保険がカバーできる端末数や保険加入条件が違います。

それぞれ向いている方はこんな感じです。

スマホの保険証が向いてる人

<独身の方>
・補償端末は1台だけ
最安(550円)で運用したい
<家族の方>
・補償端末は5台にしたい
<共通>
・修理は街の修理屋さんにしたい
・使用端末が少し古い(5年以内だが)

モバイル保険が向いてる人

・補償端末は3台にしたい
・修理は正規の業者を使う
・使用端末は購入1年以内
・修理の時に自己負担0円が良い

ここではざっとまとめだけ書きました。

スマホの保険証 モバイル保険 の詳しい比較は以下の記事で書いていますのでご一読を。

必読「スマホの保険証」と「モバイル保険」を徹底比較【故障への備え】

格安SIMでも、いや格安SIMだからこそ加入がオススメです。

壊れたら一巻の終わりですよ。

「スマホ端末の破損を防ぐにはどうすれば良い?」のまとめ

今回の記事のまとめは

本日のまとめ
1.最近のスマホ端末は超高額で破損は命取り
2.スマホ端末は最初から売るつもりで丁寧に扱う
3.保護フィルムは耐衝撃性の高いガラスフィルムがオススメ
4.保護ケースはハードケースがオススメ
5.スマホ故障時の補償サービスに加入する

を詳しく解説してきました。

高額な端末が「壊れてから後悔しても遅い」ですよ。

保護具とスマホの故障保険は大切です。

あなたが端末補償の無い格安SIMを使うならどちらかの保険は必須だと考えます。

ご検討スマホの保険証
ご検討モバイル保険

 

本日の内容でわかりにくい点があればいつでも気軽に質問してください!

たけへの質問はこちらから

 

 

たけ
では最後に当サイトの人気記事をご紹介します!
\乗り換えでPayPay10,000円もらえる/
 
おすすめの記事